頑張れ!OL!
july715.exblog.jp
Top
<   2017年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
|
|
2017年 02月 28日 |

所詮、みーんな自分の幸せが最優先。

自分の幸せを脅かす存在なら、善悪の区別は後回しにして全力で排除することが許されるとでも思っている。

そりゃ、しょうがないよねー…


なんて
思うわけないじゃん。


いつか報いは受ける。

遅かれ早かれ。

でもね、

先伸ばしすればするほどダメージは大きくなる。


理不尽なことをしといて、そのまま逃げ切れるなんて

そんなことできるわけないじゃん。
[PR]
2017年 02月 27日 |

考えなきゃいけないこともあるんだけど…

昨日のアポで今月のお仕事の見通しがたったので、今日はオフ。

洗濯をして

観葉植物を日光浴させて

スカートの裾あげをして

アイロンがけして

ちょっと昼寝して

ドラッグストアに買い物に行った。(笑)

夕食に缶ビール飲みながらテレビ観て…

色々ぼんやり考える。

色んな人がダメ出ししてきたり、干渉してきたり…

あー…めんどくさい。

もう、いつも通りで行こうっと。

すべての人に好かれるなんて

不毛な努力。
[PR]
2017年 02月 25日 |

きっと…

ワタシは『未確認の異物』なのだ。

分からないから、近づいてみたり、つついてみたりして、ワタシの反応を観察しているんだろう

うかつにも、本性が露呈しそうになって

ちょっと立ち止まる。

よし

しばらくは『北風と太陽』作戦で。(笑)

そして、

じわじわ浸食してやる。(笑)

うふふ(´ψψ`)
[PR]
2017年 02月 24日 |

泥棒は

意外と堂々と盗む。

人の時間とお金をさも自分のモノのように扱う

自分は遊んでばっかりで、ピンハネしてただけのくせに。

…地獄に落ちろ(怒)

呪いかけてやるっ!!
[PR]
2017年 02月 21日 |

そう!

理想は

お金がなくても、

相手にプレゼントしたくて

でもお金がなくて

大切にしてた懐中時計を売って、美しくて長い髪の毛を持つ伴侶のために髪飾りを買った

その相手は

お金がなくても

伴侶にクリスマスプレゼントを用意したくて

でもお金がなくて

美しくて長い髪の毛を売って、伴侶が大切にしている懐中時計のチェーンを買った

髪の毛を短く切った伴侶に髪飾りは必要ではなく、懐中時計を売ってしまった伴侶にはチェーンは必要ではなかったけど

お互いを大切に思う気持ちがそこにはある

そんな相手にめぐりあえたなら

きっと世界一幸せ。
[PR]
2017年 02月 21日 |

『世界の広さ』によってその人の考え方や行動が変わる

家庭が世界のすべてな人は配偶者や子供に執着するし

学校がすべてな人は学校での成績や人気に執着するし

会社がすべてな人は会社でのポジションに執着するし…

それはそれでいいと思うけど、他人を巻き込むのはやめて欲しいよねぇ〜(´Д`)

執着するからこそ、自分の存在価値を脅かす存在を排除したり、従属させたいんだろうけど。

グローバルな世界で支持されているものは、無理やり従属させたり、排除したりしたものではない。

『無意識に選ばれている』のだ。

例えば、WindowsとかMacOSとか…
[PR]
2017年 02月 20日 |

つまりはこういうこと。

ワタシにとってはヒドイ環境でも、ある人にとってはパラダイスだったりする。

だから、何も言わずに静かに、かつ速やかに撤退すればいいってこと。

そこにいる全員が納得できるような環境なんて存在しない。

心地よいと感じる感覚は、それこそ十人十色なのだと思う。
[PR]
2017年 02月 19日 |

久しぶりすぎる『邪心のない好意』を向けられて、とっくに忘れてた感情を思い出した。

暖かくて、まぁるい、フカフカした気持ち。

あー…

きっと、また誰かを好きになることもできるかもしれないな…なんて。

ワタシも、暖かくて、まぁるい、フワフワした気持ちで他人様に接してみよう。

なんとなく…




春がくる気配。(´ψψ`)
[PR]
2017年 02月 16日 |

もしかして…

嵌められた…!?

そーかー…

ここにも地雷が埋まってたんだね(><)

ま、ワタシも100%信用してたわけではなかったから、『お前もか!?』って感じやけど。(笑)

幸い、被害は最小限に食い止められたからいーんやけど。

アナタがこんなことをしたのは、どういう気持ちからなのかは知らないけど。

仮に単にお願いしたことを忘れていたのなら、『ごめんなさい』と言えばよかったんやないの?

なのに、電話もない、メールの返信もない…やっとメールが返ってきたって思ったら意味不明やし、どう理解すればいいのか分からんけど。

やっぱり…

『ありがとう』と『ごめんなさい』が言えない人は信用しない。

あ!
だからアナタの評価は低いんですね。

納得。
[PR]
2017年 02月 06日 |

あまりにも腹がたって

どうやったら訴えられるか?とか

仕返しの方法とか

果ては、呪いのかけ方まで調べまくって…




…疲れた。(´Д`)



彼女が不幸になろうが、幸せになろうが、知ったことではない。

感情的にムカつくだけではない。

本来ワタシに支払われるべき報酬を、彼女独自の『規程』とやらで不払いにするとヒステリックに言われ…

本当に殺意が芽生えた。


ま、彼女の本質を見抜けなかったワタシが悪いのだけど。

自分は働かずして利益をピンハネするべく業務拡大を企て、中身もポリシーもないのに名誉だけ欲しいなんて…
それで行けると本気で思ってるなら行けば良いと思う。

少なくともワタシはもう一緒にはやっていけない。

でも、そんな彼女にひとつだけ感謝してることがある。

見境なく、あることないこと言ってくれたおかげで、次のご縁があったのだから。

それも、彼女が絶対に入れない会社にね。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Pink Nit Skin by Sun&Moon