頑張れ!OL!
july715.exblog.jp
Top
カテゴリ:お客さまたち。( 30 )
|
|
2011年 02月 18日 |
変わらないものなんてない。

どうせ変化してゆくのなら、上質なものに変化していきたいと思う。

要領が良いだけなら、なくしちゃってもいっか☆

さようなら。

もう謝ってきても許さない。

2度あることは、3度ある。
思えば、長いお付き合いだった。
…16年。
[PR]
2011年 02月 18日 |
結構、大丈夫ぢゃん☆

まだ笑えるし、ビールも美味しい。(笑)

どうするかは、今は決めない。

冷静に判断できる状態のときに、今後もお付き合いしたい人かどうかを精査して決める。

『今』だけでなく、未来も見据えた上でね☆

慌てる乞食は…って故事もあるしね。(笑)

自分のプライドを捨ててでも、今後お付き合いしても意味があるかどうか…。
[PR]
2010年 11月 03日 |
日曜日、Y電機退店後、Aちゃんと待ち合わせしてご飯を食べたあと、大阪に向かった。
Y電機に勤務中、Cちゃんもワタシを心配して、店舗まで来てくれて、差し入れも頂いてしまいました。

名古屋I.Cから大阪へ向かいました。

H様のお葬式に出るために。

大阪府枚方市の斎場に到着したのは1:30。
お棺の中のH様は、闘病中の苦痛が嘘みたいに、安らかで…本当に眠ってるみたいで…

到着後、寝ずにお線香と蝋燭を絶やさないように、H様と最期の時間を過ごしました。
H様と出会って20年間…こんな日が、こんなにも早く訪れるなんて…

家族葬にも参列させて頂いて、お骨も拾わせて頂いて…
有り難いと思いつつ、心がちぎれそうなくらい辛い時間でした。

旦那様のT社長が逝って13年…こんなにも早くに奥様までお見送りすることになるなんて、想像してませんでした。
まだ事実を受け入れならないワタシがいます。

まだ眠ってるだけのような安らかなお顔のH様がちっちゃな骨壺に納まるところにも立ち会ったのに…。
現実が受け入れられません。

また、電話がかかってくるような気がして…

もう会えないなんて信じられません。

がんの告知を受けた夜、『全然、会いにきてくれへんから、がんなんかになっちゃったやん!』って、いつもと同じように電話がかかってきて…事実を知ってたワタシは、気の効いたことも言えずに絶句するだけで…
お見舞いに行った時は、全身の痛みに耐えられずに、のたうちまわってて、ワタシは言われるがままにカラダをさすって差し上げたけど、あまりにも痩せすぎたカラダが悲しくて…

それでも、まだ信じられません。

天国で、T社長と再会できたんやと思うけど…

ワタシはもう会えないってことが、理解出来ません。

出棺の前に触ったH様の手は冷たかったけど、それでもワタシは事実を受け入れられません。

『もう会えない』ってことが、よく分かりません。

悲しいのか、辛いのかもよく分かりません。

ワタシをいつも応援してくれてた、H様が…もういないという現実が受け入れられません。
[PR]
2010年 10月 30日 |
がんで闘病中だった大阪のT様が、先ほど逝かれました。
58歳でした。
最期は、痛みで苦しむこともなく、安らかに天に召されたそうです。

本当にお世話になりっぱなしでした。
ワタシが新人のころから、亡くなった社長共々、実の子供のように可愛がっていただきました。

3月に、社長の十三回忌の法要をしたときは、ものすごく元気でいらっしゃったのに…

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
2010年 10月 20日 |
大阪で入院中のT様が危篤やとお電話頂いた。

12年前にT様のご主人の死亡保険金のお手続きをしたのが、ワタシの初めての死亡保険金のお支払いとなった。

T社長との出会いがなかったら、今のワタシは存在してなかったと思う。

T様が亡くなったあと、色んなことがあったけど、奥様、3人のお子様たちとは変わらずお付き合い頂き、本当にお世話になりっぱなしだったと思う。
そして、何一つ恩返しできなかった…。

9月に入院して…こんなに早く…

無力感でいっぱい…。
[PR]
-
2010年 10月 15日 |
今日は、朝から半田市のお客様のトコに行って、集金して、名古屋の事務所に寄って、事務処理をして、夕方はお習字教室へ。

今月の課題は、難しい…Σ( ̄□ ̄;)
…来週、清書。
練習しなきゃ!

大阪のお客様の娘さんから、メールを頂いた。
全身の痛みの原因は、全身の骨への転移だったとのこと。
もう、手術はできないらしい。
胃カメラ、PET検査の結果から、手術→抗がん剤治療が可能とのことやったから、本人に告知したのに…
どうするんだろう…
[PR]
2010年 10月 07日 |
20年来のお付き合いのT様のお見舞いに大阪府寝屋川市の関西医大香里病院へ。
末期のスキルス性胃がん。
カラダが痛いとおっしゃるので、さすって差し上げたら、元々小柄なカラダが骨と皮だけになってた…

20時まで病室にいて、その後、枚方市の娘さんのところへ。

これから岐阜まで帰ります。
[PR]
2010年 10月 02日 |
一昨日、ワタシの一番古いお付き合いのお客様の娘さんから連絡を頂いた。

スキルス性の胃がん。
しかも、末期とのこと。

春から調子が悪いっていうのはお伺いしてたし、昨年末にお目にかかった時は元気やったのに…

T様との出会いがあったから、この仕事を続けてこられた。

とりあえず、来週、大阪にお見舞いに行かなきゃ!
[PR]
2010年 06月 25日 |
残業中に、最近生意気だったK君から電話。
9歳年下のK君は、彼が素直で可愛らしかった10代の頃から実の弟のように可愛がってきたけど、最近の生意気加減に、もうお付き合いはやめよう!と思ってました。(笑)
めずらしくしおらしいのがおかしくて、ついつい許してしまった☆
お困り部下の扱いで悩んでいるらしい。(笑)
『夜遅くに申し訳ありませんでした!また色々と相談にのってもらいたいので、連絡していいですか?』だって。


…ハイハイ、いつでもどうぞ。(笑)
[PR]
2010年 02月 13日 |
今日は、ワタシのお客様の13回忌法要で、大阪に行ってました。
ワタシが入社して初めて法人契約を頂いたお客様でした。
T社長は、平成10年2月27日に、志し半ばの53歳で急性心筋梗塞のため亡くなってしまいました。
当時、大阪で勤務していたワタシは、たまたま同郷であったT社長には本当に優しく、時に厳しくご指導頂きました。
営業としての心構えや、法人関係のお仕事は一通りT社長に教えて頂きました。
また親元を離れて独り暮らししてたワタシに、T社長、奥様には親代わり?ってくらいお世話になりました。
T社長に出会ってなかったら、今のワタシはこの仕事を続けてないと思います。
さて、話は脱線しましたが、13回忌法要にお招き頂きましたので、久しぶりに早起きして、岐阜から大阪まででかけました。
社長が亡くなったあとも、奥様やお子様たちとも変わらずお付き合い頂いてて、有り難いなぁ〜って思ってます。
浄土宗のお坊さんに法要のあとの法話で【六波羅密と煩悩】のお話しをして頂きました。
宗教を盲信しても、また正しく修行しても【幸せ】にはなれないと思う。
ただ、六波羅密の実行、煩悩からの脱却が心の安定をもたらすことにつながるんやと思う。
それが所謂【悟】の境地なのかなぁ〜って。
正しい行いは、正しい結果を導く…っていうのが、【原因と結果の法則】。
なんとなく、最近モヤモヤしてたことが晴れたような気がしました。
亡くなって10年以上になるのに、いまだに教えて下さる機会を与えて頂いてる。
ご縁は大切にしなきゃ!と再確認いたしました。(><)
【六波羅密】と【煩悩】については、また後日。(笑)
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Pink Nit Skin by Sun&Moon