頑張れ!OL!
july715.exblog.jp
Top
マウンティング。
2017年 03月 14日 |

働き蟻の2割は常に働いていないらしい。

その働いてない蟻を排除しても、残った蟻の中から2割が働かなくなるらしい。

逆を言えば、集団には、『働かない2割』は必要なのだ。

優秀な人ばかりの集団などは存在しないのだ。

そこにはやっぱり『2:6:2』の法則があるんだろうな…とぼんやり考える。

ただ、その組織…まぁ学校でも職場で下位2割に属していたとしても、もっと広い視点で見た時には上位2割に属していたということも充分あり得るんだろうとも思う。

例えば…

東京大学で下位2割層に属していたとしても、世間的に見れば立派に上位2割層に属しているとも言える。

視点を変えるだけで、落ちこぼれだと思う必要なんて全くないと思う。

その小さなコミュニティーの中で優劣を競って、マウンティングし合うことがいかに馬鹿馬鹿しいか…ということ。

『その小さなコミュニティーが自分の世界の全て』だと思っている人にとっては、その組織内における自分のポジションが重要なのだから、必死に他人の評価を下げて自分を浮上させることとか、自分がいかに優秀であるかをアピールすることが重要なんだろうけど。

だからこそ、常に自分より劣る対象を作ることに熱心になるんでしょうねぇ…

そうすることが彼らの『精神安定剤』になってるんだろうな、と思う。

と思ったところで、彼らに従う気は更々ないんですけどね。(笑)

なんであなたたち好みの女にならなきゃいけないんでしょ!?

それって、女はニコニコして俺の言うことに従ったらいいんだ!って思ってるからなんでしょ?(笑)

ワタシが『女だから』ですよね〜(笑)

ワタシが男だったらそんな態度には出ないんじゃないですかね!?

と思ってても、今日もいつも通りにヘラヘラしますけど☆

名古屋に住む奥様と娘さんに無視されて家庭に居場所がなくて岐阜の友達の家に居候してる56歳男と、自称フィリピン人のホステス4人を愛人にしていると自慢してくる63歳男に敵認定されても、正直まったく困らないんですよ、ワタシ。(笑)

だって、あなたたちに『可愛がってもらう』ことがワタシの目的ではないんですから。

なんなら、この組織の下位2割層に認定して下さってもいいですよ?って感じ。(笑)
[PR]
by minako_715 | 2017-03-14 05:26 |
<< 再確認。 ページトップ 幸せな時間。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Pink Nit Skin by Sun&Moon