頑張れ!OL!
july715.exblog.jp
Top
『美しき日々』第21話:「告白」
2005年 03月 19日 |
a0035361_21101833.jpg

【ミンチョル】:「君はあの日必死で強がってたけど、かえって弱々しく見えた。以前、僕に泣いてすがって来たときよりも、もっと痛々しかった、、、。無理に強がらないで欲しい。頑張りすぎるから、体調も悪くなるんだよ。」

【ヨンス】:「違います。室長の誤解です。私、強がってなんていません。、、、充分すぎるほど苦しんだり、やれることはすべてやったから、もう完全にふっきれただけです。、、、、、それじゃあ。」

【ミンチョル】:「じゃあ、、、。」

【ヨンス】:「さよなら。」



追って来たミンチョルを見ずに、無表情で一気に話すヨンス、、、怖いっす。(>_<)
なんやかんや言っても、ヨンスの事が気がかりなミンチョル様。
ミンチョル様も頑固ですが、実はヨンスの方が頑固さでは上ですしね!(^ ^;)
ミンチョル様は口ではヨンスを拒絶しながらも、ヨンスが自分をあきらめるはずがない、、、とタカをくくっていたフシが。(^ ^;)
過去にもヨンスが離れて行こうとしたら、ミンチョル様、、、追っかけてますもの。(笑)


a0035361_2211898.jpg★ヨンスがエレベータに乗ってしまった後、しばらくその場に立ち尽くすミンチョル様。ふと上を見るとエレベーターが動いてない!ドアを開けると、そこには涙のヨンスが!思わず駆け寄りヨンスを抱きしめたのに、ヨンスは振り切って行っちゃいました。(^ ^;)いつもならこれでOKだったのに。ヨンスが去った後、ミンチョル様ってば、ヘコんでました。


ミンチョル様はこの後、ナレにヨンスの病気の事を知らされて今までにないショックをうける。
一方、ヨンスの病気の事をミンチョル様に話してしまってヨンスに咎められるのが怖いナレは、まっすぐにアパートに帰れずに公園に立ち寄り、公園にいるミンチョル様を見つける。
そこで、ミンチョル様はナレに「(ヨンスの)笑顔を取り戻すことが先決。悲しい話は後でも出来るから。」と話す。


a0035361_21184579.jpg

【ミンチョル】:「もう、別れるのはやめた。絶対無理だと分かったんだ。出来っこないのに、意地を張り続けるなんてあまりに馬鹿げてるからね。自分に正直に生きることにした。」

【ヨンス】:「もう遅過ぎます。」

【ミンチョル】:「そんなことないさ。元々、僕の都合で僕から別れようと言いだしたんだ。その僕の気が変わったんだから。いいだろ?」

【ヨンス】:「そんな風に簡単に言わないで。なんでも室長の思い通りにはなりません。」

【ミンチョル】:「君は僕にはイヤとは言えない。(君は僕を)愛してるから。10回でも100回でも、僕のわがままを受け入れるしかないんだ。違うかい?、、、、、だから僕もヨンスさんでなきゃダメなんだよ。」


急にヨンスの絵画教室に現れて、強引にヨンスを連れ出すミンチョル様!
ミンチョル様、いつものペースに戻ってます。(笑)
弱ってるミンチョル様も素敵だけど、やっぱり強引なミンチョル様の方が素敵♪(^-^)


a0035361_21285354.jpg

【ミンチョル】:「映画なんて初めてだっけ?考えてみれば、僕達こういう普通のデートってしたことがなかったよね?これからは全部やってみようよ。でなきゃ、歳をとってから後悔する。、、、チケットは僕が買ったから、ポップコーンは君ね!もうリッチじゃないから。(笑)」

あくまでも、明るく振る舞うミンチョル様。(^ ^;)
映画(コメディーかと思われる)を見ながら、ヨンスを抱き寄せてながら声を出して笑ってみせるミンチョル様、、、でもヨンスに悟られないように泣いてるんだけどね。(>_<)
ヨンスはもちろん「号泣」デス。(T_T)

a0035361_21332044.jpg

【ミンチョル】:「車がないと不便だけど、いい事もあるね。君を送って行く時間が長くなった。バスを待って、一緒に乗って、一緒に歩いて、、、旅行みたいだ。旅はどこに行くか、何を見るかってことより、誰と一緒に行くかが重要じゃないかな?旅に出るなら、僕はいつもヨンスさんと一緒がいい。短い旅でも、長い旅でも、楽しい旅でも、辛い旅でも、、、。君はどう?僕でもいい?」

今回のミンチョル様は異様に多弁デス。(>_<)
しかも必死デス!、、、キャラに似合わない行動が多過ぎデス。(笑)
それだけ、ヨンスが大切なんでしょうね♪
別れている間に我慢していた気持ちが爆発、、、って感じなんでしょうかねぇ?
でも、ヨンスにしたら複雑みたいデス。

a0035361_21401061.jpg

【ミンチョル】:「(中略)何か言ってよ。声が聞きたいんだ。」

【ミンチョル】:「、、、室長、今日は幸せでした。、、、だけど、胸の奥が痛かった、、、室長が急に何故あんなに優しくなったのか、私、分かってます。、、、こうなると思って、黙っていようと決めたのに、、、私、ツライ、、、。」


違うよぉ〜〜〜ヨンスぅ!!!
病気は「きっかけ」なだけで、ミンチョル様は復活するつもりだったんだよぉ!!!
だって、ミンチョル様は、「エレベーターの時」は病気のこと、まだ知らなかったんだから!(^-^)
そもそも、別れる時からミンチョル様はヨンスを手放すのが辛かったんだから、、、。

それにしても、今回はナレが頑張りました♪
ナレがおせっかいでなければ、ヨリは戻ってなかったでしょう♪

★愛してるからこそ、つらい最後なるかも知れないってを、知ってて巻き込むなんて出来ないというヨンスに、、、
【ナレ】:「後になって知ったら辛くないわけ?私だったら、ショックでどうにかなっちゃうわ!アンタのやり方の方が、室長に対してもっと酷いわよ!そうじゃない?」

ナレ、名言デス♪
[PR]
<< 『美しき日々』第22話:「結婚」 ページトップ 『美しき日々』第20話:「嘘」 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Pink Nit Skin by Sun&Moon